戻る ホーム

Poetry Reading in Kyoto 2019

Poetry Reading in Kyoto 2019



JUNPA 設立7周年記念国際詩祭 

響きあう東西詩人:ポエトリーリーディング in Kyoto 2019

期間 2019年3月3日~5日

主催:日本国際詩人協会

特別後援:ナジ・ナーマン グラティス文化財団

後援:関西詩人協会、現代京都詩話会,

一般社団法人 日本朗読協会

協賛:シバタ工業株式会社様

京友商事株式会社様

松田学様

ほか1社様



実行委員会 

上村多恵子(委員長)、すみくらまりこ、武西良和

 


































Movie (Celebration party) is here.

Movie (Poetry Reading) is here.




2019年3月3日(日) 


三条会場

ロイヤルパークホテル京都三条 BF サラ・ルーチェ)


11:00-12:30 


会員の朗読会


JUNPA賞授賞セレモニー



































 





























公式ガイドブック(ここをクリック)


13:00


ナジ・ナーマン文学賞受賞祝賀会

 

受賞者紹介および記念朗読

ヴィアチェスラウ・クプリヤノフ、ディミトロ・チスティアク

上村多恵子、すみくらまりこ






















































13:30

挨拶 有馬敲(設立者・現理事)

乾杯 村田辰夫(特別顧問・発起人代表)


祝賀朗読

関西詩人協会発行「言葉の花火7」より著者朗読

有馬敲、吉田定一、下田喜久美

ノーマン・アンガス(英語朗読)

「鉄の二重奏」より著者朗読


祝電、メッセージ披露

ナジ・ナーマン グラティス文化財団会長より披露

海外詩友よりメッセージ


(関係者)参加費5000円  



発起人:有馬敲、村田辰夫(代表)、左子真由美、司由衣、根来真知子、下田喜久美(司会)、吉村侑久代(司会)




2019年3月5日(火)

蹴上会場

京都市国際交流会館 1F会議室)


13:00 開場

13:30 

響きあうユーラシア詩人:ポエトリーリーディング in 2019


「鉄の二重奏」より朗読

出演者:ヴェチェスラウ・クプリヤノフ、武西良和














「鏡の二重奏」より朗読

出演者:ディミトロ・チスティアク、上村多恵子

朗読参加:稲葉妙恵、小林由佳、宮川美幸 




    

司会:すみくらまりこ(日本語・英語)

   タマラ・リトヴィネンコ(ロシア語・ウクライナ語)

     

音楽:きしもとタロー、熊澤洋子
























参加費1000円


一般参加歓迎(editors@ama-hashi.com)


 ヴェチェスラウ・クプリヤノフはロシア語で朗読します。一冊を通読し、そこから生れてくる鉄のように確固たる男女の愛、人間性への不変の意思、そして和歌山の山河への愛、農業への不動の意思を感じ取っていただければ幸いです。

 

 ディミトロ・チスティアクはウクライナ語で朗読します。一冊を通読し、鏡をモチーフに詩を響かせあい、実像と虚像が入り混じった詩人の胸中を描き出した詩の世界を余すところなくお楽しみいただけます。

 

いずれも日本語訳詩も合わせてお楽しみいただけます。



終了後は、がんこ高瀬川二条苑で交流会を行います。

 

17:30-19:30  

交流会   

がんこ高瀬川二条苑 (中京区木屋町二条)

場所はここをクリック。

ゲストを囲んで、スピーチ・朗読・歌・踊りなど楽しく交流していただきます。

参加費3500円





















申込みはJUNPA 事務局までメールでお願いします。

editors@ama-hashi.com




Legal Notice

Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.

No part of this journal may be reproduce by any means,

without written permission from JUNPA.

法的事項

本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。

日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく

本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。