戻る ホーム

Member's Room P-S 

Member's Room P-S





Gabriel Rosenstock (Ireland)

ガブリエル・ローゼンストック(アイルランド)


 

 

野生だ 野生だ

森のにおいは

野生だ 野生だ クリシュナの心


*


 朝間から

僧の鼓動を

森は聴き


* 

もしひとつ

雲追えるなら

春森の香


*

 自由とは

山に求むる

山頭火


*

 

涙する

星は何処に

虎斃(たお)る




"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue

 (響き合う東西詩人:詩的対話)

森の二重奏 Duet of Forest

by Gabriel Rosenstock & Mariko Sumikura










Bam Dev Sharma (Nepal)


Amulet

        

 

My mother gave me an amulet

Like pouch, a protruding mass of cloth

Hanging around my neck

Slinging upside down

In utter dark color

To avoid evil eyes of the people

Glaring from distance.


One fine morning

She made me wear

By performing rituals for hours

And dipping it into a bowl of oil.

She asked me to sit

Facing my head north ward

To pray until she chants, mumbling

Inserting the thread

 

And warned me to hide.  

I did as was asked

Though hard for me

As it pelted my neck several times,

Dangling into mesmerized whim

Embedded in the black thread.


I hid it underneath of the ruffling collar

Clasping it day and night

I never knowing a simple cause.


My friends shunned at me

To cut this black cinder of fate.

 
But few years later

The dark amulet was torn:

As the black fleshy cloth began to tatter

And I was curious to see the fabulous content in it.

Sifting one layer or another.


I peeled it

Like an onion

But I was awe- stricken to find

A hair of lock and some seeds of chilies

I was surprised what they meant:

Perhaps the seeds were like bitter reality of the world.

And the lock of hair was my mother's love.




バム・デヴ・シャルマ(ネパール)


アムレット

     

 

母さんがアムレットを作ってくれた

僕の首に下げて

上下にゆれている

まったくの黒色で

遠目にぎらりと光り

人びとの悪の目を除けてくれる

はちきれそうな布ポーチみたいな

 

気持いい朝だった

僕に身につけてくれた

何時間も儀式をして

それを油鉢にそっと浸し

僕に座るように言った

僕の頭を北へ向け

詠唱し、呟き、

糸を入れるまで祈るのだ

そして隠すようにきつく言った

 

僕は言われたとおりにした

辛かったんだけれど

数度僕の首を打ちつけたとき

催眠の気まぐれで

黒い糸に埋め込まれる

 

僕はいらいらし衿の下に隠し

昼も夜もそれを止めておき

僕はその単純な理由を知らずにいた

 

僕の友だちは避けた

運命の黒い灰を切っている僕を

しかし数年後

黒いアムレットは裂けてしまった

黒い肉のような布がボロになりかけたとき

僕は中の糸のようなものが見たかった

何層にもなっている

 

それを剥がした

玉ねぎのように

しかし見つけて畏敬に震えた

唐辛子の種が髪の毛で包み込まれていた

その意味するところに驚いた

多分その種は世の辛い現実だったのだ

そして守る髪の毛は母さんの愛だったのだ


 Translation by Mariko Sumikura



"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue

 (響き合う東西詩人:詩的対話)

川の二重奏 Duet of Rivers

by Bam Dev Sharma & Yuka Akiduki















Mikhail Sinelnikov (Russia)


Mirror

       

 

Here is the mirror… Noise and rage are in vain,

But you understand that by the end,

Only in senility you can comprehend senility,

And I did not know what my Father thought.

He suddenly saw Hippocrates’ mask…

It was not that he was mourning over his death –

He was grieved by my loss

And he was watching standing on the edge

Of those areas one cannot return from,

Like I am standing by the mirror now.



ミハイル・シネルニコフ (ロシア)


     

 

ここに鏡がある・・・騒ぎも怒りも無駄だ

だがおまえは最後には得心する

ただ老衰すれば老衰が分かる

だから父さんの思いが分からなかった

彼は突然にヒポクラテスのマスクを見たのだ・・・

亡くなるときに呟いたのではない

俺を失ったと嘆いていたのだ

だからもう戻れぬ場所の

へりに立って見ていたのだ

いま俺が鏡の前に立っているみたいに


Translation by Mariko Sumikura


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue

 (響き合う東西詩人:詩的対話)

絹の二重奏 Duet of Silk

Mikhail Sinelnikov & Mariko Sumikura














Legal Notice

Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.

No part of this journal may be reproduce by any means,

without written permission from JUNPA.

法的事項

本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。

日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく

本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。