戻る ホーム

Member's Room D-J 

Member's Room D-J


Tatjana Debeljacki (Serbia)


Unrequited love

 

 

Forget what I’ve said.

It’s something nasty again.

Sharp word has falling freely.

We have been long on these tracks,

Huge steps, heavy memories,

Through endless weeds.

We defied the storms,

Searching for oneself.

Unsuccessful trying, my love,

Do not go to local colors.

Forget what I’ve told you,

Unrequited love…



タチアナ・デべリャスキー


報われぬ愛

     

 

云ったことを忘れて

またつまらないことでした

きついことばがでてくるの

こんなことばかりだったわたしたち

大きな階段、重い記憶

果てしない藪をとおり

嵐をものともせず

じぶんを探して

実らない試みだった、わたしの会い

まちの色に染まらないで

云ったことを忘れないで

報われない愛・・・



Translation by Mariko Sumikura


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue

 (響き合う東西詩人:詩的対話)

紅の二重奏 Duet of Crimson

by Tatjana Debekjacki & Haruka Ishii














Germain Droogenbroodt (Belgium)


Wound

                   

 

Through the day comes a shiver
of night and a howl

a whiplash of thoughts
as  harsh thrown pebbles

not springing up
but from the water surface hurting
the blue eye.

 

Submerged the tangible light
peopled by white solitude
and restlessness from a revelation

doubt
an encircling creeper, clinging
to the thin skin of the soul.

 

To the winds which sweep
whirl and turn them
he entrusts his queries.

The mountain range
reflects the answer

with runic writing
of slanting light.

 

In the shelter of the mind
letters make pacts and forms, words
new material

extension
of still greater darkness

or who knows
illumination.

 


ジャーメイン・ドルーゲンブロート(ベルギー)


傷口

    

 

 

日中に震えが来る

夜の 唸りの

思想の鞭の

それは投げられた石のように

水面から

湧き上がらずに

青い目を傷つける

 

白い孤独に植民された

現実の光は沈められる

新発見のそわつきに

 

疑い

取り巻く虫は

魂の薄皮に食らいつく

 

一掃する風

回り戻る風

彼は問いを任せる

山脈は

答えを反映するだろう

かたむく光の

古代北欧(ルーン)文字の筆記で

 

心の隠れ場で

文字は約し象り、言葉にする

それは新しい素材だ

より大きい暗闇の

拡張だ

しかし

Translation by Mariko Sumikura



"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue

 (響き合う東西詩人:詩的対話)

時の二重奏 Duet of Time

by Germain Droogenbroodt & Takashi Arima












Shaip Emёrllahu(アルバニア)


THE SKY BLOOMED WITH BULLET FLOWERS

               

 

two violins of life

were torn to pieces by bullets right in front of us

and we stole their sound

 

and life

life was beautiful above Tetova

 

just as God is

 

He invited me at night to the embrasure

 

when the sky bloomed with bullet flowers

it gave freedom to the eyes of our people

freedom-eyes we ourselves blinded

 

 

 

Tetova, 15 March 2001




シャイプ・エメルラウ(アルバニア)


空は弾丸の花ざかり

                             


いのちの2棹のバイオリン

僕らの眼前で銃弾によって粉々に

そして僕らはその音を盗んだ

 

そしていのち

いのちはテトボの上空で素晴らしかった

 

ちょうど神のように

 

その夜 彼は僕を銃眼に誘った

 

空は弾丸の花ざかりだったとき

僕らの人々の目に自由を与えた

僕ら自身が盲目にした自由

朝顔形の 銃弾花によって咲く空 。

それは自由を私達の人々の目に与えた

僕ら自身が盲目にした自由の目 よ

 


Translation by Mariko Sumikura


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue

 (響き合う東西詩人:詩的対話)

道の二重奏 Duet of Roads

by Shaip Emerulau & Taro Aizu












Laura Garavaglia (Italy)


Fibonaccis numbers

              (Leonardo Pisano, known as Fibonacci)

                               

 

 

That bridge between East and West

built on numbers.

You grasped the greatness of Arabian merchants

and your stunning genius was universally admired

at Frederick II's court.

The abstrac perfection of those signs,

the magic series hidden

in the alchemic beauty of the shell  

and the falcon's mystery in his flight,

later on described by Pacioli,

divine proportion. 




ラウラ・ガラヴァリア(イタリア)


フィボナッチ数   フィボナッチとして知られるピサのレオナルド

             

 

 

東西を結ぶあの橋は

数字で架けられている。

あなたはアラビア商人の偉大さを心得て

異才はフレデリック二世の宮廷で

世界的に賞賛された。

かの記号の抽象的完璧さ

その概観の魔力ある美には

魔法系列が隠されていた

そしてハヤブサの飛行の謎が

のちにパチョーリにより

神授比例法と記述された。


Translation by Mariko Sumikura




"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue 

(響き合う東西詩人:詩的対話)

式の二重奏 Duet of Formula 

by Laura Garavaglia & Mariko Sumikura













Sayed Gouda (Egypt)

Translation into English by the author


NIGHT

 

Night comes to me,

tender,

like exhausted birds in the evening;

it releases me up from the chains of my sleep.

i get up… a lover

joining ghosts in their longing.

i hear them around me;

like me, they whisper love.

i can almost see them,

sitting next to me,

passing by me

like a fleeting vision.

How light-hearted they are!

Like me, they love the night,

and desire a solitude

just like mine.

Perhaps they are, like me,

bemused in love.











Biography:

Sayed Gouda was born in Cairo and moved to Hong Kong in 1992 where he currently resides. He completed his undergraduate studies in Egypt and China, majoring in Chinese, and received his PhD in comparative literary studies from the City University of Hong Kong in 2014. His research interests include comparative poetics, comparative literature, comparative cultural studies, and comparative prosody studies. Gouda is a published poet, novelist, and translator. His works and translations have appeared in Arabic, English, Chinese, French, German, Spanish, Macedonian, Uzbek, Romanian, and Mongolian. He is the editor of a literary website called Nadwah that features five languages: Arabic, Chinese, English, French, and German (www.arabicnadwah.com). From 2004 to 2010, he organised a monthly literary salon in Hong Kong. He has also participated in many international poetry festivals and academic conferences around the world. In 1990, Gouda won first prize in poetry from the Faculty of Languages (al-Alsun), Ain Shams University. In addition, in 2012, he was awarded the Enchanting Poet Award by The Enchanting Verses Literary Review, and, in 2014, an honorary prize for his poem ‘Night Train’ from Shijie huawen shibao 世界華文詩報 (Journal of Chinese World Poetry). Currently, Gouda is a Professor of Comparative Literature and Translation at Jilin Huaqiao Foreign Languages University.

 

 

Clelia  Ifrim (Romania)


クレリア・イフリム (ルーマニア)


寒は光の種を蒔く

 

寒は光の種を蒔く

からだじゅうに

蜂という蜂が

飛立つ

と同時に

ワインの飾り花のような翼が

止まることなく

 

(Original: ,Tue cold sows light “The Mountain of Nightingale”)



Translation by Mariko Sumikura















殷暁媛


時を刻むマクロ撮影


 

名付けられない入れ替わりは繊細なロジックを目盛りに

八重咲きの瑠璃色の花びら、萼片からぶら下げる炎のような蘂

息を殺せば、世界は非線形に移り変わる

 

(そこの細胞は唇で「着陸許可」をしめす。あなたが見た肌理と画素は

雲のミニチュアに過ぎない

 

真夜中だから、光吸収生地の服を着る

川の筋道が霧のように遠い所に広げ消えていく)

 

(砕け飛んだ球面は、更にどこかで結びつけるに決まっている

危険で、明るい色の動物は、目玉が静かになった:嗅覚に残る香りのように

静態に凍る)

(さざ波のように薄くなっている時間は、植物に活動力を与えた

九千個の碁盤目、どちらが火をつけても、格子が崩れ砕ける)

 

一滴の水に鏡像が現れる 欠片だけ 瞬間で消えていく

霞んだ後味が、もうもうと立ちこめている

 


殷暁媛(インギョウエン):詩人、SF、ゴシック、幻想、冒険、推理の長編叙事詩を幅広く創作したトランスジャンル作家。2007年に『エンサイクロピディックポエトリースクール』を創設。文体イノベーションと学際的な実験を目指す『創作実験工房』及び学術コンサルティングを職能とした『ブライントラスト』を設立し、の『ヘルマフロディトゥス主義の創作』を基礎理論として確立。英語、日本語、フランス語、ドイツ語を含めた多言語堪能のマルチタスカー。中国詩歌学会、中国通訳協会、北京作家協会の会員。三冊の詩集及び四冊の翻訳作品が出版。その作品はアメリカ、ドイツ、カナダ、オーストラリアの詩誌、国内には『詩刊』、『星星』、『詩選刊』、『詩歌月刊』『詩林』『作品』『山花』『詩潮』など発表された。長詩代表作は11000行『アバン‐ギャルド三部作』と六万行の『風配図十六部作』、または地理学、地質学、心理学、物理学、情報科学、化学、古典書道、音楽、生物学、マイクロエクスプレッション、射影幾何学、写真術を含めた24種のシリーズあり、欧米において高く評判された。


Afrooz Jafarinoor, Tehran


Sunset

 

The sun was about to set

When the darkness swallowed it

And the blood of the sun gushed on the horizon

Then a hand out of many hands of the dark

Came into my chest

And crushed my heart.                               Translation by Anna Banasiak

 

アフローズ・ジャファリノール(イラン)


夕日

 

太陽はいまや沈もうとしていた

暗闇が飲み込もうとしたとき

そして太陽の血は地平線にほとばしった

そのとき暗闇の手という手が

僕の胸へなだれきて

心臓を潰したのだった

                                                      Translation by Mariko SUmikura










Legal Notice

Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.

No part of this journal may be reproduce by any means,

without written permission from JUNPA.

法的事項

本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。

日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく

本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。