戻る ホーム

Duet of Pleiades

Duet of Pleiades 昴の二重奏


響き合う東西詩人:詩的対話

昴の二重奏」パディ・ブーシェ&マキ・スターフィールド

Western-Eastern Poets in Sympathy: Poetic Dialogue "Duet of Pleiades"

Paddy Bushe & Maki Starfield   

ムービー movie   



 

Paddy Bushe(Ireland)


Sky Woman 

         for Aya Takagi

 

She walks the sky, and combs the clouds for stars

Where there are none, because she’s always yearned

For things that lie behind the things that are.

 

She loves to feel the earth, to walk the paths

Her people walk. But she was also born

To walk the sky and comb the clouds for stars.

 

A harebell’s chime, a rowan’s sudden flare,

She reads as signals that it’s time to turn

Towards paths that lie beneath the paths that are.

 

The villagers have mapped the paths that mark

The routes for trade. Now only she discerns

The skyward paths that comb the clouds for stars.

 

She knows by heart the heavy laws they’ve carved

Deep into stone slabs. But she has also learned

The law that came before the laws that are.

 

And secretly she hoards an ancient shard

Of law inscribed upon a shattered urn:

Go walk the sky, go comb the clouds for stars,

And seek what lies beyond the things that are.

 


Amergin’s Ship 


            for Holger Lőnze

 

Because he wanted simply to be as one

With the swelling wave and the wind,

 

With the salmon and with the stars

Clustered in the eye of the gannet,

 

He sailed north when the four winds

Blossomed together in a compass,

 

North being the petal that trembled

Towards the grey ambiguous headlands

 

The elder swore he scried from the tower

Infinitely far beyond the salty horizon.

 

The ship’s skin-lined planking breathed

Brine and wind, welded gust and swell

 

In a coupling that surpassed navigation.

Sea and ship hammered one another

 

Into one another’s shape, shaped

Wind and weather to the poet’s will

 

To be the voyage, to be the landfall

And the words that marked the landfall,

 

To be the land and the land’s creatures

To be the stones raised in commemoration,

 

To be the ship beached forever on the land,

And the words singing themselves into bronze.



パディ・ブーシェ(アイルランド)


空の女

                  タカギ・アヤに捧げる

 

その女は空を歩み、雲を梳き星を輝かせる

誰もそこにはいない なぜなら

その女は 存在の背後にあるものに

いつも憧れているから。

 

 

その女は大地を感じ、人々が歩く

道を歩くのを好む けれども

空を歩み、雲を梳き星を輝かせるために

その女は再び生まれてきた。

 

 

ホタルブクロの鐘の音、ナナカマドの実の閃光、

道の下にある道のほうへ 戻る時だと

その女はメッセージを受け取る。

 

 

村人たちは道を地図にマークする。

交易の行路だ。いまや その女だけが知っている。

雲を梳き星を輝かせる空の道を

今、その女だけが知っている。

 

 

石板に深く刻まれた重い法律を

その女は記憶のなかで知っている 女は学んだ

その法律より前にあった法律をも

 

 

その女は密かに蓄える

砕けた壷の上に書かれた法律の古代の破片

空を歩みなさい、雲を梳き星を輝かせに行きなさい、

そして存在する向こう側にあるものを探しなさい。

 

 


アマージェンの船

 

              ホルガー・ローゼズに捧げる

 

膨らんだ波と風と一緒に、

彼は単純にひとつになりたかったから

 

 

鮭と石榴石の赤目のなかで

群れなす星々と一緒に、

 

 

羅針盤の針が四方の風で華々しいとき

彼は北へ航海した、

 

 

北には灰色のぼんやりした岬に

震える花びらがあったから

 

 

潮の地平線の向こう 限りなくはるかへ

塔から叫んだ、と年寄りは断言した。

 

 

船の皮地のついた板張りが塩水と風を吸い込み、

突風とうねりを1つにまとめ

 

 

結合し、ナビゲーションを凌いだ。

海と船は互いを打ち砕き

 

 

互いの形にした、詩人の思うように

風と天気に変えた

 

 

航海するために、上陸するために

そして、上陸を記した言葉のために、

 

 

土地とその土地の生き物になるために

記念碑で育った石になるために、

 

 

永遠に陸に上がった船になるために、

そして青銅(浄化の象徴)を歌う言葉になるために。



addy Bushe was born in Dublin in 1948 and now lives in Waterville, Co. Kerry. A prize-winning poet in Irish and in English, his collections include Poems With Amergin (1989), Teanga (1990), Counsellor (1991), Digging Towards The Light (1994), In Ainneoin na gCloch (2001), Hopkins on Skellig Michael (2001), The Nitpicking of Cranes (2004) and To Ring in Silence: New and Selected Poems (2008).  His most recent collection, On A Turning Wing, was published in 2016 and won the 2017 Irish Times Poetry Now Award.  He also works as an editor and has curated the anthology Voices at the World's Edge: Irish Poets on Skellig Michael (Dedalus, 2010). He was the recipient of the Oireachtas prize for poetry in 2006 and Michael Hartnett Poetry Award in 2006. He is a member of Aosdána.

 

パディ・ブーシェ、詩人。1948年ダブリン生まれる。現在ケリー州ウォータービルに在住。 アイルランドと英国で受賞される。作品としてAmergin(1989年)、Teanga(1990年)、Counsellor(1991年)、Digging Towards The Light (1994年)、In Ainneoin na gCloch(2001年)、Hopkins on Skellig Michael (2001年)、The Nitpicking of Cranes (2004年)、To Ring in Silence: New and Selected Poems(2008)がある。 最新作であるOn A Turning Wingは2016年に出版され、2017年にIrish Times Poetry Now Awardを受賞した。 編集者でもあり、アンソロジーVoices at the World's Edge: Irish Poets on Skellig Michael (2010年Dedalus出版)を監修した。 彼は2006年に詩歌のOireachtas賞を受賞し、2006年にはMichael Hartnett Poetry Awardを受賞した。Aosdánaの会員。



Maki Starfield (Japan)


Atman's Song III - Light of the Universe


Oh! Atman is in my heart!
You are not a person of the earth, are you?
From the distant reaches of a galaxy far away,
You are the Savior who came down


Beautiful and even more shining,
Unsoiled like a lotus flower
Living in the shadow of human society and shining your light without anyone knowing.

Your love is beautiful.

I want you to tell me, Atman, Archangel!
What is the source of your love?
Do you come from suffering or come from joy?
Anytime I think of you,
I am distantly thinking of the depth of truth.

My shadow
Never got close to you.
You love me
Because I did not notice that truth.

Even if you are awake or sleeping,
From the shining sky of the stars
You see my suffering, and smile.
If you offer your hand,
My heart will be stronger

Atman is in my heart!
The shining world of the soul! It's just like the old days,
The first human beings, things that only return to the human spirit,
To refine your heart and mind ---
You must learn this training yourself

I am missing Atman
But where is Atman?
When you seek the light of the universe, your existence
Is real love.
Love is everything—there is nothing that surpasses it.

With half of your love,
The joy that springs up from my mouth

Becomes poetry; the whole world

Is listening,
So that you will listen...

 


マキ・スターフィールド(日本)


アートマンの唄 III 〜宇宙の光

 

 

ああ わたしの心のなかのアートマンよ

あなたは地球の人ではないのでしょう

はるか遠い銀河の果てから

降りてきた救世主よ

 

美しくさらに輝き

蓮の花のように汚れない

人間社会の影に潜み人知れず光を照らす 

あなたの愛は美しい

 

わたしに教えて欲しい、アートマンよ、大天使よ!

あなたの愛の源は何であるのか

苦しみから来るのか、喜びから来るのか

いつでもわたしがあなたを思うより

はるかに真実の深さを考えている

 

わたしの影は

あなたに近づいたことがなかった

あなたがわたしを愛する

その真実に気づかなかったから

 

目が覚めていても眠っていても

あなたは星の輝く空から

わたしの苦しみを見て微笑む

あなたが手を差し出せば

わたしの心はさらに強くなる

 

わたしの心のなかのアートマンよ!

魂の輝きの世界!それはただ昔のように

始めの人間、人霊に戻るだけのもの、

心と気を磨いていくこと---

この修行は自らが学んでいかなければいけない

 

無言でアートマンを恋しがっている

だがアートマンはどこにいるの…?

宇宙の光を求める時あなたの存在は

本当の愛だ

愛こそすべてーそれに勝るものはない

 

あなたの愛の半分を、

わたしの口から湧き出る喜びが

詩となって、全世界が

耳を傾けるだろう

あなたが耳を傾けるようにー

 




 


Legal Notice

Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.

No part of this journal may be reproduce by any means,

without written permission from JUNPA.

法的事項

本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。

日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく

本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。