戻る ホーム

Duet of Hopes

Duet of Hopes 希の二重奏


響き合う東西詩人:詩的対話

希の二重奏」ミヒャエル・アウグスティン&マキ・スターフィールド

Western-Eastern Poets in Sympathy: Poetic Dialogue "Duet of Hopes"

Michael Augustin & Maki Starfield      

ムービー movie



Michael Augustin (Germany)

 


 

There are productions

of Romeo and Juliet

in which

owing to budget cuts

the parts of the lovers

had to be deleted

 


 

For a bespectacled person

the entire world

lies behind glass

 

 

 

Chameleons

at all times

have the original colour

of chameleons

 


 

The bagpipe

has the voice of the animal

whose skin has been peeled off

to make it

 


 

The earth is the heaven

into which the dead

actually enter

 


 

In eternity

everything

takes that bit longer


(Extract from Duet of Hopes)

Translation by Sujata Bhatt




ミヒャエル・アウグスティン(ドイツ)  


ロミオとジュリエットの制作は

予算削減のために

恋人のシーンを

カットしなければならなかった

 


有名人のために

ガラスの後ろに

全世界がある

 

 

カメレオンは

いつも

カメレオンの

元の色をしている

 

 

バグパイプから

動物の声が聞こえる

動物の皮膚が剥がされて

それは作られている

  

地球は天国だ

そこに死人が

実際に参加する

 

 

永遠に

すべては

ちょっと時間がかかる

 

 (後略)



Michael Augustin was born in Lübeck, on the Baltic Sea coast in Northern Germany, in 1953. He studied Anglo-Irish Literature and Folklore at University College Dublin and the University of Kiel. While still a student he was doing freelance work for Irish and German radio. He now lives in Bremen with his wife, Indian poet Sujata Bhatt. He works as a writer and broadcaster with Radio Bremen, where he hosts a fortnightly poetry programme and is the editor for the weekly radio documentary. He is co-directing Bremen’s International Literature Festival Poetry on the Road.

 

An author of many volumes of poetry, mini drama and short prose, he has also published several audio books. His most recent collections are Denkmal für Baby Schiller  (a collection of poems, prose miniatures and collages) and Schweini blutet – Deutschland tutet (a collection of football poems written during the 2014 FIFA World Cup in Brazil). His poems, collages and drawings have appeared in literary magazines around the globe. Translations of his books have been published in Argentina, Venezuela, Poland, Ireland, England, Italy, Sweden, The Netherlands and Greece. A new collection of of poems and miniatures, Der stärkste Mann der Welt, will be published later this year. 

 

Augustin himself has also worked as a translator of poetry and drama (Kenneth Koch, Adrian Mitchell, Pearse Hutchinson, John B. Keane, Peter Sheridan, Adrian Henri, Roger McGough, Raymond Carver, Sujata Bhatt, Simon Gray, Matthew Sweeney). He has read at numerous international literature festivals (Dublin, Maastricht, Edinburgh, Vienna, Medellín, Caracas, Kuala Lumpur, Surabaya, Vilnius, Johannesburg, Harare, Granada/Nicaragua and Mexico City, Marrakech and Struga) and is the recipient of the Friedrich-Hebbel-Prize and the Kurt-Magnus-Prize.

 

In 1984 he was a member of the International Writing Program at the University of Iowa in the USA. In 2003/04 he was Max Kade Writer in Residence and Visiting Professor at Dickinson College in Pennsylvania, and in 2006 he was Writer in Residence at the University of Bath in England. In 2009 and in 2015 he and his wife held a residency at the Heinrich Böll Cottage on Achill Island on the West Coast of Ireland.

 

He is a member of both the German and the Irish P.E.N.

 


著者のプロフィール

 

ミヒャエル・アウグスティンは1953年、ドイツ北部のバルト海沿岸にあるリューベックで生まれた。ダブリン大学とキール大学でアングロアイルランド文学と民俗学を学んだ。学生時代、彼はアイルランドとドイツのラジオ番組でフリーランスの仕事をした。現在、妻でありインドの詩人であるSujata Bhattとブレーメン市に在住。ブレーメンラジオでは作家兼キャスターを務め、2週間に1度、詩の番組を担当し、週間ラジオドキュメンタリーの編集者を兼務する。ブレーメン市の国際文学祭Poetry on the Roadの共同主催者である。

 

詩、ミニドラマ、短編小説などを手がける多作家であり、オーディオブックも出版している。最新本は、Denkmal für Baby Schiller(詩、小物のミニチュアとコラージュのコレクション合作コレクション)と、Schweini blutet – Deutschland tutet(ブラジルの2014年FIFAワールドカップで書かれたサッカー詩集)である。彼の詩、コラージュ、絵画は世界中の文学誌に掲載されている。彼の作品はアルゼンチン、ベネズエラ、ポーランド、アイルランド、イングランド、イタリア、スウェーデン、オランダ、ギリシャで翻訳され出版されている。

 

アウグスティンは、詩やドラマの翻訳者でもある。(Kenneth Koch、Adrian Mitchell、Pearse Hutchinson、John B. Keane、Peter Sheridan、Adrian Henri、Roger McGough、Raymond Carver、Sujata Bhatt、Simon Gray、Matthew Sweeney)。彼は数多くの国際文学祭(ダブリン、マーストリヒト、エジンバラ、ウィーン、メデジン、カラカス、クアラルンプール、スラバヤ、ビリニュス、ヨハネスブルグ、ハラレ、グラナダ/ニカラグア、メキシコシティ、マラケシュ、ストルーガ詩祭)で朗読を行い、Hebbel-PrizeとKurt-Magnus-Prizeの受賞者である。

 

1984年、米国アイオワ大学の国際ライティングプログラムのメンバーとなった。2003年~2004年、Max Kade のライター・イン・レジデンスに参加、ペンシルベニア州ディキンソン大学の客員教授に就任、2006年には英国バース大学のライター・イン・レジデンスに参加した。2009年と2015年に彼と彼の妻はアイルランド西海岸のアキル島のハインリッヒ・ボル・コテージに居住した。

 

彼はドイツ人とアイルランド人のP.E.Nの会員である。 




 

 

Maki Starfield(Japan)

 

 

voice

             

how lonely, voice, to have the burden of a living thing on the back!

your guitar sounds as swimming

the urban vibration shakes

 


a wind

     

 

i want to be wind

because it can go anywhere

to leave the world in restricted environment

 


a firebird

 

               

innumerable suns appear in the sky

and you are exposed to the innumerable lights of the sun

I may call you God

 

 

 

 

生きるものを背負っているようにさみしい

あなたの泳ぐようなギター音に

都会の振動は震えている

 


 

 

風になりたい

しがらみがなく、どこでも行けるから

制約のある世界から離れるために

 


火の鳥

 

 

数え切れないほどの太陽が空に現れて

数え切れないほどの光を浴びたあなたを

神様と呼ぶのかもしれない

 


 




Legal Notice

Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.

No part of this journal may be reproduce by any means,

without written permission from JUNPA.

法的事項

本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。

日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく

本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。